住宅における騒音対策

住宅とマンションでの騒音

マンションに劣る住宅の防音性

住宅は、以前は一般的に厚さ12mmのサイディングが主に使用されていましたが、現在では14mmが主流となっており16mmを使用するケースもあります。しかし、マンションには厚さ100mmの軽量気泡コンクリートを使用している事が多いので、住宅に比べて騒音に対する防音性や防火性、防火性、断熱性など全てに優れています。しかし、現在ではゼットゼロエネルギーハウスの義務化を前にして、騒音にも有効な一般家屋用の軽量気泡コンクリートやセルロースファイバーとスタイロンフオームによる外張りダブル断熱工法などが注目されています。

住宅にマンションを選ぶ

住宅には、一戸建てと集合住宅がありますが、どちらが住みやすいでしょうか。一戸建ては、単独で土地の上に建物が建っているため、防犯には気を付けなくてはなりません。マンションは、土地は居住している人達の共有で、管理組合があり訪問者のチェックもしてくれ、エレベーターもあり、オートロックも普及しているので、防犯面では良好のようです。しかし、建物が古くなって建て替えになれば、賛同しなければならず、反対であれば退去するしかなくなってしまいます。一般的には、都会であればマンションが暮らしやすく、田舎では土地が多いので、高層ビルに住む必要はないようです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅やマンションを選ぶ All rights reserved